Entry: main  << >>
疲れると判断が鈍る
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    へとへとに身体が疲れて一歩も動けなくなるというのは、身体を動かすためのエネルギーが不足してしまったことの証、もしくはそれ以上身体を動かすと身体のどこかを痛めるという予防だろう。疲れたと感じて立ち止まろうとするのは、健全なフィードバック機能かもしれない。

     

    身体・肉体的な疲労は、精神の疲労でもある。頭を回転させすぎると、働かなくなる。情報入手・仕訳・判断が出来なくなることを意味する。身体があるから頭が動いているようだが、動いたおらず寝ているのと同じ状態である。

     

    あまりに疲れすぎた頭で、情報を入手し判断する状況では、出来るだけインプットを制限して、ものごとを極端に単純化して○か×かの大きな判断をしがちである。物事の背景を理解することは出来ないし、一面しかとらえることはない。つまりは今までの判断の枠組みの中だけに解決策を見いだしがちである。

     

    多くはものごとの判断能力の稚拙ではなく、集中力の欠如が引き起こしている。観察・整理・判断には力が必要である。それらを行うための力は多くの者は持っている。凡そ世の中で発生することは従来の積み重ねだからだ。右から左の判断で事足りから、あまり頭の中を消耗しなくてすむ。ところが、いざ新しいことに取り組むときには、取り組むための準備と処理時間が必要になる。人の頭で処理できることには限界がある。

     

    いくら切れ者であっても、疲れたときの判断には注意が必要だ。疲れるはずもない単純なことでも、複数を同時並行で行う場合にも、一気に疲れが襲う。演算装置がフル稼働するからだ。ストレスや疲れを感じると冷静な人が、おかしな判断をすることがある。

     

    あまり考えなくて良いように、起こりうることを予見した準備またシミュレーションが求められる。また判断を誤りうることをりかいすること。自分は誤りなど起こさないと思っていると、しっぺ返しを食らうかもしれないということだ。

     

     

    | HIRO | 08:53 | - | - |

    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Profile

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode