Entry: main  << >>
平成13年(2001年)
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    平成13年(2001年)は、SFの世界では宇宙船のなかのコンピューターが反乱を起こす年らしいのだが、現実にはそこまでは至っていなかった。近いとすれば、ディズニーシー・ユニバが開場している

    ぶっそうな話では、大阪の付属池田小学校に刃物をもった男が侵入し、児童を殺傷したというたまらない事件があった。安全は一般的なことではないということを感じさせられた。

    経済的にはデフレが進行し、売上げ重視・規模拡大と資産拡大という経済指標から資産圧縮や経営の合理化を進める動きが急であった。失業率が高まるとともに、管理部門の一体化やアウトソーシングが進んでいった。救いとしてはインターネットが普及しつつあり、若手の経営者達がITブームを引き起こしつつあった。

    国の世界では、中央省庁の統合があり、たとえば労働省と厚生省が一緒になって厚生労働省になった。そこに登場したのが、小泉純一郎氏であり、聖域なき改革を掲げ、将来への投資をすすめる意識を喚起していった。

    聖域なき改革でいうと、三井住友銀行が誕生している。三井財閥と住友財閥の中核である銀行合併なのだから、ものすごく衝撃があった。

    この年を象徴するのが、のちに「911」と呼ばれる9月11日に発生した米国同時多発テロであった。経済繁栄の象徴であるNYの国際貿易センター(ツイン)に2機のジャンボジェットが追突した。はじめは誤操作ではないかと思われてもいたが、意図を持った攻撃であるということで、世界中が震撼した。おもえば多様性・涵養という米国人の気質に変化をもたらしたのだろう。

     

    自分事では、この年はいろいろな会合に参加している。従来の業務別のコンサルという世界から、特定業界への専門コンサルを志向し、業界向けのソフト開発をすすめる会社の設立準備をしている。いくつかの成功する起業を見て、自分でもやってみたいという気があふれていた。

    | HIRO | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment








    Trackback

    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Profile

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode