Entry: main  << >>
平成6年(1994年)
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    平成という年代をふり返っています。あらためてバブルというものの後始末に時間がかかったということを思い出します。

     

    1994年にもなると平成はすっかり当たり前のものとなりました。そして不動産価格が統計調査としても前年を下回ったのがこの年でした。前年は冷夏で米が不足となり、タイ米を食べることもありました。

    食を確保するということの大切さが染みました。この年は猛暑で渇水とうまくいかないものでした。しかし米は豊作。

     

    海外での特筆すべきは、ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ共和国の大統領に就任しました。多様な時代ということを感じさせる出来事でした。

     

    国内では政治の不安定な時期が続きます。細川護熙首相が国民福祉税で不興を買い、投げ出したかのような解散。そして羽田孜氏が2ヵ月間務めたあと、自民党が社会党の村山富市氏を推して首相となるというなんとも不思議な現象となりました。オウム真理教の幹部達がテレビに登場して、主張を蕩々と述べるなど、時代が混乱の様相を示していました。10月には北海道東北沖地震が発生しています。

     

    経済状況の悪化が明らかとなり、とくに不動産を担保とした借入金返済がおもくのしかかり資金ショートに陥る企業が多くみられるようになっていきました。

     

    世の中が、これはおかしいと感じ始めた時期でした。しかし肝心の政治も混乱を来しており、いや社会がおかしいということを一番感じていたのが政治だからこそかもしれませんが、有効な施策は打てないままでした。

     

    実体経済は、緩やかな景気回復ということもありましたが、リストラという施策が一般化したのがこの年でした。

    | HIRO | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment








    Trackback

    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Profile

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode