Entry: main  << >>
荒磯親方のテレビ解説
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    平成31年大阪場所は、平成最後の相撲となりました。

    7日目のNHKテレビの相撲解説は元稀勢の里、荒磯親方の解説でした。

    全体を通して、非常にわかりやすく明解な解説でした。

     

    現役時代は寡黙な力士で、何を考えているのかがわかりにくい方でした。

    どのような解説をするのかと言うことを期待して拝見しました。

    すると、さすがは前の場所まで現役だったというだけあって、それぞれの力士の特徴をよくつかんでの説明をされています。

    またどのよう相撲を取ると強いのかと言うことを理論立てて話をされます。

     

    肌を合わせて相撲をすることでしたわからない部分の根性ではなく、科学的な部分まで突っ込んだ話は、従来の相撲をスポーツでありアスリートとしての世界へ高めていくのではないかと感じました。

     

    黙って押すとか、力を入れて押せというようなものではなく、足の運び方・身体を動かし方などについての目線は、今後次世代を育てていくことに楽しみを持ちました。

     

    10年・20年後に相撲が存在するかどうかはわかりませんが、今後相撲界を背負って立つことが期待されます。

    | HIRO | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment








    Trackback

    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Profile

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode