Entry: main  << >>
2019年春闘
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

    大手の回答が行われたが例年になく盛り上がりに欠けた春闘であった。トヨタの回答が組合からの要求を下回ったがそれでも1万円を超えた。軒並み、ある程度の結果を示した数字が見られる。景気は不透明だが、足下は固いという判断なのだろう。いま渋ると人が辞めるという判断だろうか。

     

    実は賃上げに関して争点にできる要素が、これほど盛りだくさんな時期はないほどだったのだが、労使ともあえて触れずにやり過ごした感がある。人手不足・米中経済摩擦の影響があるものの3月末には好決算が予想されるし、統一地方選挙や参院選挙、10月からの消費税増税、2020年のオリンピック・パラリンピック後の日本の姿を考えたり、AIの動向と働き方などについて、深く議論する必要もあったろうになと考える。

     

    官邸からの強烈なバックアップがないと方向性を示せないということが、明らかになった春闘であった。

    | HIRO | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment








    Trackback

    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    Profile

    Recommend

    Recommend

    Recommend

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode