Entry: main  << >>
コンビニと郵便局が街から見当たらなくなる社会
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    公共料金の振り込みを銀行でしようとしたところ、数年前まで店舗を構えていたはずの場所に銀行がない。また別の銀行に向かったらATMが並んでいて有人店舗ではなくなっていた。街から銀行が見当たらなくなっている。銀行でRPAを利用して人減らしという記事が多く見られるが、実態は確実に進んでいる。

     

    金を引き出したり、ちょっとした振込ならばコンビニで十分だから、あまり銀行に行かなくなっていたことに今更ながら気づく。

    ところが公共料金などを振込用紙でとなると不便なことこの上ない。それも手続きをすれば、ネットで振込が可能だし、クレジットカードでの利用もできる。しかしその手続きが億劫な面がある。結局のところ、有人で手続きが出来る場所というと郵便局(ゆうちょ)となる。手数料もなく喜んで手続きをしてくれる。

     

    ふと気づくと街の中で人が対応してくれるサービスを維持しているのは、コンビニと郵便局だけになっているようだ。困ったときには、コンビニと郵便局を目指すと大抵のことは要が足りる。

     

    郵便局のそれは全国一律のサービス提供をすることを義務づけられたがゆえだが、どれほどのコストがかかっているのかということを考えると恐ろしくなる。ただ、ゆうちょ銀行も結局は利益を生み出さないといけないので、早晩リアルの店舗と窓口の縮小は必須なのだろう。そもそも現金を引き出すことが極めて少なくなっていくだろうし、振込などはネットで事足りる。窓口での対応は、結局のところ手続きがわからないから生じるから、主要な業務は手続き代行に移っていく。

     

    それでも郵便局が減少することは、いろいろな関係者の猛烈な反対が予測される。解決策としてどちらもなくなると困る、いつの間にやら街の核になっているコンビニと郵便局が一体化するというのは、あながち間違いではないだろう。

     

    となると身近からコンビニや郵便局がなくなったとしても、買い回り品を積んだ郵便局の移動電気自動コンビニ車が、郵便や荷物の配達をしつつ街をまわる風景が当たり前になるかもしれない。その車(ショップ・店舗)は、キャッシュレスで買い物する場であるとともに、金融関連の困り毎のお手伝いをする拠点になっているだろう。とくにリアルの店がなくても不便ではない。なにしろ困ったことは、車に載せている画面に向かって尋ねれば、向こう側の親切な人が対応してくれるのだから。5Gと自動運転が当たり前の社会の姿とはこのようなものだろう。

    | HIRO | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment








    Trackback

    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Profile

    Recommend

    Recommend

    Recommend

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode