RSSリーダーで購読する

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンソリューション
http://hrstudio.jp/
MOBILE
qrcode
<< 大局観〜クローズアップ現代 | main |
部長の役割

JUGEMテーマ:ビジネス

 

部長とは、その名の通り「部の長」だ。ただし、ここに落とし穴がある。

 

部のことを考えて、しゃかりきになると、それは本来求められる部長ではなくなる。部門の実務は、課長がすすめている。ということは、部長が自ら今日の仕事をしていてはいけないということだ。

将来の果実のために、種をまくこと、違う道を探すことが必要だ。

 

「部の長」だからと部門のことを熱心になって主張しすぎると、あの人は組織全体のことが見えていないと言われる。

実は部長には部門〜組織の将来を考える役割があるのだ。

 

そして、もう一点大事なことは、「部の長」として、組織課題の中の重要な課題を指し示す役割がある。

さまざまな課題がある中で、これに手をつければ良いということを決めるのだ。

 

つまり、「将来」・「組織全体」・「重要事項選択」の三つの役割を果たすことが求められる。

実務優先思考の壁を破るのは結構至難だ。課長の中でも、こういった思考と実践が伴う人が部長に選ばれていく。いいかえれば、従来の思考に固まっている人は、いつまでも本当の部長にはなれないのだ。

| 管理者 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hrstudio.jp/trackback/1163033
トラックバック