Entry: main  << >>
花散らしの雨
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    シリアへの米国の攻撃のタイミングは、トランプ大統領が初めて、中国の習近平氏を米国に招いての会談の直前だった。

    化学兵器の使用への断固たる抗議という意味合いはあるものの、ある種の恫喝というか、デモンストレーション効果を狙ったことは、言うまでも無いだろう。

    私を怒らしたなら、こんなことはするのだという示威行動であることは明白だ。米国の一面であり、素顔でもある。

     

    直接的かつ間接的な効果波及がある。

     

    いままさに桜が満開だが、ここ数日雨が降っている。季節を変える花散らしの雨だ。

    | HIROOKA | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment








    Trackback

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Recommend

    Recommend

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode