Entry: main  << >>
辛坊治郎氏の講演
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:日記・一般

    サイボーズ主催の講演会で話を伺いました。備忘的にとりまとめます。

     

    趣旨としては、正しい情報を得て、しっかりと判断する必要性についてでした。

    内容は、医学治療の発展のありがたさがありつつも、日本の高齢化がさらに進展していくことから、少子高齢化社会がさらに進んでいくことへの構造的な危機感を感じているということでした。

    さらにそのことは、国民皆保険と年金問題の実質的な破綻を意味し、どう備えるかを準備する想像力をしっかりと持ち、自らのこととして行動すべきとの話でした。

     

    すぐれた予言は当たらないという話があります。それは予言によって危機感を感じ、予言を実現しないがための方策をとることで、予言から離れていくということです。

    あまり突拍子もなく、できが悪い予言は、あたるということです。危機感を感じさせないから、対応をとる必要を感じないために当たってしまうということです。

    立派な予言者の予言が当たらず、できの悪い予言者のほうが当たるということ。

     

    辛抱氏の講演での話は予言ではなく、事実の積み重ねですが、見えているけれど対応が後回しになることで、実現してしまうこともあります。さてさて、20年後の日本はどのような現実を目の当たりにしているでしょうか。

     

    ******************

    本ブログへの問い合わせ

    blog@hrstudio.jp

    ******************

    | HIROOKA | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment








    Trackback

    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Recommend

    Recommend

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode