RSSリーダーで購読する

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンソリューション
http://hrstudio.jp/
MOBILE
qrcode
<< 経営の極意とは | main | 今月の売上どうなんだいという愚かな問いかけ >>
会社が大きいことはすごいことか
JUGEMテーマ:ビジネス
ダイヤモンド社から出版された、社長は会社を大きくするな!山本憲明氏の本を読んで
あらためて感じたこと。

会社が大きくても、それに見合った管理体制を取れないと、見栄えだけよくて
中身のない、変化に対応できない会社を作ってしまうことになる。

その結果として、会社は衰退をたどり、人に迷惑を掛けることになる。

大きな会社を問題なく運営させて行くには、パイロットを養成するような
繊細で体系的な仕組みが必要であるとは、ある大学の先生の話。

しかし現在では、宇宙ロケットのパイロット並みのものが求められるかしれない。

規模が大きいと、なんとも大変な時代である。

著者の主張からすれば、個人事業に近い考え方で、身の丈に合った経営を
行うことで付加価値を高め、固定費を高めず機動的に経営を行っていくのは、
経営の一つのあり方である。

無駄な事務所経費など必要としない職種も多いもの。
そして製造業や、初期投資が必要とされるような業種でも、
必要経費をできるだけ押さえつつ、適度な利益(それでも大企業比2倍程度)を
あげることは可能である。

あらためて規模を追う経営から、目を覚ます必要はあろう。

| 読書・インプット | 06:36 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
国家も同じですよね、大きければすごいわけじゃない。
日本もまだまだな点は多々ありますけれど、中国と日本みたいに。
大きければ大きいほど統制を図るのも大変なこと。
| 須内 | 2012/11/06 12:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hrstudio.jp/trackback/1162686
トラックバック