RSSリーダーで購読する

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンソリューション
http://hrstudio.jp/
MOBILE
qrcode
<< あそびの部分 | main | 庄司紗矢香 ヴァイオリン・リサイタル いずみホール >>
そろそろ春闘相場〜2009(平成21)年昇給動向
結論としては、まちがいなく限りなく0に近い水準。

誤解のないようにしていただくと、定期昇給は確保の上とのお断りだ。

ただし平成20年度でも昇給率が、1.5〜2.0という数字だったことを見れば、21年は、14〜15年の0.7を下回る可能性が高い。

業種によっては、定期昇給も確保できないということもあろう。つまりは実質的には横ばい。賃金体系としてはおかしいが、金科玉条の決りではないという議論になるであろう。

雇用確保、ワークシェアリングという議論が持ち上がっているなかでは、大幅な賃上げはあり得ない。昇給という言葉は、はばかれるような状況でもあろうか。

平成21年昇給については、相場が決着するまで随時取り上げていく。
| 賃金・給与 | 09:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
もうすぐ景気回復するのに、今年は何で賃上げ無し
なんでしょ。
(2009.02.25)
| 普通の男 | 2009/02/25 5:09 PM |
そうなんですね。厳しい時代背景を映して、大幅な昇給は期待薄です。ただ業績反映は賞与という流れがあるので、まだ昇給は比較的堅調ではあると思われます。
| ひろ | 2009/02/26 11:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hrstudio.jp/trackback/1045308
トラックバック