Entry: main  << >>
ご都合主義
0
    景気が悪くなると雇用に手をつけることもある。それはある意味では当然のことであろう。経営は一時だけではなく、継続していくのだ。苦しい時期も必ずやってくる。

    特にパートやアルバイトそして派遣社員の契約を更新しないというのは、当たり前の手段だろうと思われる。人件費に見合う仕事量が低下したのだから、人員数で調整するか、1人あたりの賃金額を減ずるしかないのだ。

    前者は首切りと言われ、後者は賃金カットと言われる。オブラートな言い方だと前者は雇用調整であり、後者はワークシェアリングだ。

    ただしこのことが悪のように指摘される。誰しも、一度雇用した者と一緒に仕事したいと願うのは当然のことだろう。しかし叶わない状況との時にどうするのか。

    物事には順序が必要であると思われるし、解決策はそんなに単純ではない。ましてや問題を指摘するだけでは、何ら解決策にはならない。

    派遣社員はなぜ生まれたのか。終身雇用と賃金を高く維持するのは理想的だが、経営状態が苦しいときに、経営者や資本を供出している者も含めて、三方損で乗り切ることも重要なことだ。
    | HIROOKA | 10:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
    Comment
    はじめまして
    非正規雇用派遣労働者の生活困窮が逼迫しています。
    派遣労働者 叉葉賢(またはけん)氏が切実な思いを歌にして youtube に発表しています。

    http://jp.youtube.com/watch?v=v0siyuT_0as

    ただただ泣けてきます。
    Posted by: ロックマン |at: 2008/11/02 12:37 PM








    Trackback

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Recommend

    Recommend

    コンソリューション

    http://hrstudio.jp/

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode