RSSリーダーで購読する

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンソリューション
http://hrstudio.jp/
MOBILE
qrcode
観察力を磨く

JUGEMテーマ:読書

早川書房は好きな出版社だ。ミステリーだけではなく、よい本を紹介してくれる。

 

「観察力を磨く 名画読解」エイミー・E・ハーマンは、絵画鑑賞を通じて知覚を磨くことを推奨する。

我々(いや私だけかもしれないが)の知覚はいい加減で、いわゆる思い込みで感覚的に物事をとらえている。そんなことを痛感させられる。

 

一点の絵画をじっくり見つけることで、観察力を高め、知覚を高めていく。その絵に込められている、時間・関係性・取り上げているものの意味。

 

たしかに、しっかりと観察すれば見落としているものが見えてくるのだ。仕事上でも見落としてしまっていることがわかるようになればよい。そんな思いを込めて、じっくりと拝読する。

| 読書・インプット | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
村上春樹
村上春樹はこうでなくちゃ、という感想です。



街をいくフォレスタが気になる。こんなに走ってたのかという感じ。

| 読書・インプット | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伝えることから始めよう
東洋経済から出版されているジャパネットたかたの、高田明さんの著書。

これが心揺さぶられる良い本です。
真面目に努力しないと感じさせる、力を持っています。

一読をお勧めします。
| 読書・インプット | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
駅伝日本一、世羅高校に学ぶ「脱管理」のチームづくり

JUGEMテーマ:読書

『駅伝日本一、世羅高校に学ぶ「脱管理」のチームづくり (光文社新書)(岩本 真弥 著) を読んでいます。この引用をシェアしたいと思いました。キンドルからの引用です。

 

"誰かのマネをやっているうちは、絶対あなたは勝つことはできない――。読者の方々には、未知なるものへと突き進む勇気と情熱を忘れないでほしいと思う。"

 

なかなか刺激的な内容です。わたしの仕事は、広く言えば管理ということをテーマにしています。

多くのコンサルタントやインストラクターは、管理の伝道者といえるでしょう。

 

人事、経営、業務など、さまざまな面での管理ということを通じて、結果(利益・拡大・成長・付加価値創造など)を出したいと考えています。そこには管理が必要です。

 

ただ管理が強すぎると、行動をしなくなります。自分事といえなくなります。いわゆる管理強化・マイクロマネジメントは、だめだとわかっているのに、ついつい陥ってしまいます。

 

なぜそうなるかというよりは、他者を信じること、また自分を信じることができないと言うことでもあるのでしょう。

 

誰かのマネをやっているうちは、絶対あなたは勝つことはできない」=肝に銘じましょう。

| 読書・インプット | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
捨てられる銀行 橋本宅典 講談社現代新書

JUGEMテーマ:ビジネス

本書では、会社の命運である金を握っている銀行を取り上げつつ、日本の会社の来し方と行方について書かれている。

 

少子高齢化が進み、2020オリンピックを取り上げるまでもなく、東京一極集中で人もの金が動いている。翻ってみれば、地方では限界集落が増加し、人もの金の縮小が急であり、とくに駅前商店街などを中心とする小企業はじめ核となる会社の元気がなくなり、地域が疲弊している。産業が消えつつある状況である。そうはいっても、東京にいれば、それとは気づきにくいことなのだが。

 

本来的な銀行の役割とは、得意先の発展のための資金ならびにネットワークの活用支援だが、目先の営業目標の達成にのみ目が向いてしまっている。日本の地方経済が弱くなっている理由の一つとして、地域経済に根ざすべき銀行の役割がおかしくなってしまったのではないかということを本書は取り上げている。

 

バブル崩壊の後始末として登場した「金融検査マニュアル」だが、一定の成果が出た後も、存在感が消えることなく高まってしまった。これさえ守れば大丈夫。これを守らねばならないという意識への転換が進み、自分で考えない組織を作り上げてしまったのではないかというのか本書の主張。納得できるところが多い。

 

取引先との関係が弱まり、銀行の本来の機能である経営の目利き力であり、金融による支援力が衰えた。たしかにその節はある。産業が育たないから、支援する先がなくなっていくだから、元気のあるところがなくなる。悪循環だ。

 

そして、監督する側としての監督機関が、短期と長期の資金繰りについての金融機関の役割も理解していなかったのではないかと思われる旨の記述がある。

 

たしかに銀行の経営のあり方に見切りをつけ、また本音の部分では、後ろ髪を引かれつつ銀行を退職して別の職を選んでいる知り合いも多い。

 

金融庁の姿勢が変わりつつあり、銀行の取り組み方に少し変化が見られる。しかし地元に見切りをつけて、近隣の大都市圏で出店競争が進む今日の状況は、数年後の金融機関のますますの統廃合を予見しているようである。

 

途中の登場人物の逸話は、本来の趣旨からぶれているのか、それともそちらが主なのか。すこし戸惑うところがあるが、それも本書の良さと受け止めよう。

 

********************

本ブログへの問い合わせは

blog@hrstudio.jp

********************

| 読書・インプット | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
捨てられる銀行 橋本宅典 講談社現代新書

JUGEMテーマ:ビジネス

本書では、会社の命運である金を握っている銀行を取り上げつつ、日本の会社の来し方と行方について書かれている。

 

少子高齢化が進み、2020オリンピックを取り上げるまでもなく、東京一極集中で人もの金が動いている。翻ってみれば、地方では限界集落が増加し、人もの金の縮小が急であり、とくに駅前商店街などを中心とする小企業はじめ核となる会社の元気がなくなり、地域が疲弊している。産業が消えつつある状況である。そうはいっても、東京にいれば、それとは気づきにくいことなのだが。

 

本来的な銀行の役割とは、得意先の発展のための資金ならびにネットワークの活用支援だが、目先の営業目標の達成にのみ目が向いてしまっている。日本の地方経済が弱くなっている理由の一つとして、地域経済に根ざすべき銀行の役割がおかしくなってしまったのではないかということを本書は取り上げている。

 

バブル崩壊の後始末として登場した「金融検査マニュアル」だが、一定の成果が出た後も、存在感が消えることなく高まってしまった。これさえ守れば大丈夫。これを守らねばならないという意識への転換が進み、自分で考えない組織を作り上げてしまったのではないかというのか本書の主張。納得できるところが多い。

 

取引先との関係が弱まり、銀行の本来の機能である経営の目利き力であり、金融による支援力が衰えた。たしかにその節はある。産業が育たないから、支援する先がなくなっていくだから、元気のあるところがなくなる。悪循環だ。

 

そして、監督する側としての監督機関が、短期と長期の資金繰りについての金融機関の役割も理解していなかったのではないかと思われる旨の記述がある。

 

たしかに銀行の経営のあり方に見切りをつけ、また本音の部分では、後ろ髪を引かれつつ銀行を退職して別の職を選んでいる知り合いも多い。

 

金融庁の姿勢が変わりつつあり、銀行の取り組み方に少し変化が見られる。しかし地元に見切りをつけて、近隣の大都市圏で出店競争が進む今日の状況は、数年後の金融機関のますますの統廃合を予見しているようである。

 

途中の登場人物の逸話は、本来の趣旨からぶれているのか、それともそちらが主なのか。すこし戸惑うところがあるが、それも本書の良さと受け止めよう。

 

********************

本ブログへの問い合わせは

blog@hrstudio.jp

********************

| 読書・インプット | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
拳に聞け! 塩田武士

JUGEMテーマ:読書

「罪の声」の評判が、すごく高い塩田氏の2015年の作品。

 

ボクシングの話は、角田光代さんの「空の拳」・「拳の先」など面白いものが多い。

テレビで観るプロチャンピオンやオリンピックの競技でのボクシングは知っているけれど、その本質みたいなものをつかんでいないだけに興味深い世界だ。

 

拳に聞け!は、ボクサーのストイックな世界観を楽しませてもらうとともに、周りの登場人物たちの関わり方や影響のされ方が面白い。

 

途中のガウンのくだりなど、あちらこちらに仕掛けがあって笑わせてもくれる。

 

筆の力のある方で、今後がますます楽しみです。

| 読書・インプット | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サピエンス全史

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:読書

ユヴァル・ノア・ハラリ、河出書房新社の上下2巻。

ホモ・サピエンスの歴史をたどり、その因ってたつところの文明の構造を解説している。

 

われわれの生活と世界観の常識としての土台について、それって虚構だろうと剛速球を投げつけてくる。

 

哲学や宗教が深く取り組んできた領域である自由意志・二元論についても、スパッと切り分ける。

ここまで見事に世の中の悩みの根源部分を切り分けられると、目が覚めるというより驚愕してしまう。

 

いままでの常識の否定ではなく、生きてきたと思っていた世界の裏側に世界があり、同時に生きてきたということに気づかされる。

パラレルワールド的な世の中の解釈だ。

 

人の成長発展ではなく、妙に回り道しながらの歩みだけれど、それでもサピエンスは生きている。

 

今年読んだ本の中での、頭たたかれ度NO.1です。

| 読書・インプット | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
陸王 池井戸潤

JUGEMテーマ:日記・一般

思わず頑張れと叫びたくなる感じです。そして自分でも走りたくなるという読書感です。

さらに「民王」・「下町ロケット2」と立て続けに読んでしまったくらい面白かったのです。

 

この方の小説の魅力は悪い方が徹底的に小悪党であり続けることであり、正直者が最後には勝つということです。

ただ悪人たちにも人情味があり、悪人になってしまった理由も納得できる。

悪人がその仮面を脱いだときには、一人の正直な人間に立ち返る。なにかの魔法にかかっていたことでの悪人なので、その魔法が解ければもとの一介の人にもどる。

 

人とはそれほど悪くもないものだし、正しいことに向かうときの頑張りを思い出させる小説ですね。

 

 

 

| 読書・インプット | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビジネスZEN入門 松山大耕

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:日記・一般

講談社+α新書から出版の話題の本です。

妙心寺退蔵院の副住職である筆者が、ビジネスマン向けにわかりやすく著した禅の入門書です。

いまマインドフルネスが流行っていますが、何かを得るためのゲインの考え方で、禅とは何かを消し去ったり捨て去るルーズの考え方なのだと説明しています。

iPhoneがシンプルなのはごたごた飾り付けない美学が影響しているという話から始まり、人生のあり方についても触れています。

200頁ほどの薄い新書ですが、厚く深い内容の本です。

 

| 読書・インプット | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/20PAGES | >>