Page: 1/226   >>
平成18年(2006年)
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    2年に一度オリンピックのことを書いている。やはり記憶に残る出来事なのだな。

    冬季オリンピック、トリノ。荒川静香のイナバウアー金メダル。オペラ鑑賞にもたくさん出かけていた時期だったので、とくに印象に残る。

    スポーツついでに、夏の甲子園はハンカチ王子斎藤佑樹と田中マー君の投げ合い。決勝戦での再試合。

    すごく感動をしたけれど、酷暑の中でのスポーツを美談にしてはいけないと思う。

    さらにワールドカップ、ドイツ大会。日本は出場も予選敗退。

    ライブドアのホリエモンが逮捕。そして姉歯問題。

    安倍政権が小泉氏の後を継いで誕生。

    年末のM1が人気。

     

    わがこととしては、起業したシステム・専門コンサルが軌道に乗らず苦戦。あらためて研修や本来の分野への回帰を検討していた時期。

    | HIRO | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
    平成17年(2005年)
    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      この年には、愛・地球博が愛知県で開催され、毎日大勢の人で賑わった。一度だけ行ったことがあるが、ものすごい人過ぎて宿がなくファミレスで一夜を明かすこととなってしまった。

      経済の名古屋化(トヨタシフト)が進んでいったことを感じさせられた出来事だった。

      小泉首相が郵政問題で解散に打って出て大勝を収めた。各地でものすごい人気となった。氏は靖国神社への参拝を繰り返したが、今に至る中国と韓国の反日感情を招いた遠因でもある。とくに中国で反日デモが発生し、各地の日本企業への破壊行為も相次いだ。

      ネットの常時接続が定額化し、一般家庭でもインターネットを利用する社会が登場した。ブログ人気が高まった。インターネットがデータベースであることに気づき始めた時代であった。

      JR福知山脱線事故が発生する。懲罰志向の仕事の進め方に問題があったといわれる。電車と言えば、「電車男」がブームとなり映画化までされた。ヒロインとのつきあい方をインターネットを介したアドバイザー達に指導され、恋愛が成就するというなんともインターネット的な顛末であった。インターネットの社会進出のために一躍をかった出来事だった。

      競馬では、ディープインパクトが三冠を達成した。

      経済的には、実体経済の悪さ加減は徐々にしか改善されず、縮む志向で乗り切る動きが明らかであった。

       

      仕事面では、人事系の仕事から本格的に専門分野のコンサルへのシフトを図ろうと志向と時間をシフトしていた時期である。市場開拓並びに商品開発に躍起になっていた。同時にこの時期、非常勤講師として、大学で教えることとなった。面白い経験をさせて貰った。

      | HIRO | 06:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
      平成16年(2004年)
      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        この年の大きなニュースは小泉首相が北朝鮮を訪問して、拉致被害者5名が帰国したことだろう。

        民間だけではなく公共機関も大きな痛手を負って処理に困っていた。多くの地方自治体が合併していった。合併協議会などが数年前から盛んに行われていた。人口が減少する中での行政のあり方を問われていた。

        プロ野球では、近鉄とオリックスが合併という大きな問題があり、プロ野球としては希有なストライキが行われ、その後楽天が東北に拠点を構えた。一連の動きの中では、セパの2リーグ制の見直しや巨人がパに移るのではないかとか、阪神は親会社が禁断の阪急との統合という大きな動きがあった。

        一連の騒動の中で一躍時の人となったのはライブドアのホリエモン。ハゲタカファンド・敵対買収やホワイトナイトなどが一般名称化していった。キャッシュを求めて買収をしようという動きもあったが、結局のところ企業体が収益率や資産の有効活用を念頭に置いた経営を理解しておらず、まだ売上高や資産の大きさを誇っていたのだ。人身御供的に塀の中の人とされてしまったのは、なんとも見せしめ的な社会の陰湿を感じさせた。

        この当時のIT起業家達は、インターネット回線やQ2などで資金を貯めていった。有象無象がうごめく、まだまだ成熟しない黎明期であった。それだけに若者にも大きなチャンスがあった時代。怪しげなといえばオレオレ詐欺や名簿による詐欺も生まれていた。リコール隠しなども多発している。

        1945年前後に誕生した団塊世代が、60歳に近づき引退にさしかかって、企業の中で人材過剰でありながら、人手不足に陥りかけていた。製造業への人材派遣が解禁されて、請負事業への流れが生まれている。世の中が正直者が馬鹿を見るとでもいうように、若手のはたらき場がなくなり、高齢者は逃げ切りを図るという大きな転換を迎えていた。

        法科大学院が開設され、知識の時代になるといわれたが、その後の法曹界を見ると本当に必要な施策だったのかどうかは考えさせられる。

        活躍といえばアテネオリンピックでの北島康介・男子体操団体の金メダル。そ冬ソナが契機となり韓流ブームが巻き起こった。エンタの神様が大人気で、波田陽区や長井秀和が間違いなかった。現実に目を向けず、浮かれているといえばマツケンサンバ兇世辰拭

        年末にはスマトラ沖の大地震ではインド洋諸国を中心に33万人の死者が出た。年末年始は謹慎のムードが世界的に高まった。

         

        個人的には、仕事をセーブしつつ巡航モードであった。大学卒業の節目の年次で100名ほどのパーティーを開いたのが思い出。自分の中では、仕事だけではなく、自分をふり返る区切りとなった年である。

        | HIRO | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
        平成15年(2003年)
        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          毎日書いていて、もう平成15年まで来てしまいました。ついこの間のような気がします。

          さて、この年は、スペースシャトルが帰還の際、空中分解という年明けの衝撃ニュースで幕を開けました。

          イラク戦争が始まり、フセインが捕まるまでに至りましたが泥沼化の様相でした。SARSが中国で流行しました。

          景気的には株価が大底で7600円台まで付け、長期金利も低下し、地方銀行の破綻も相次いでいます。

          音楽で流行ったのが、スマップの世界に一つだけの花なので、ナンバーワンをあきらめてしまった世相が表れています。

          政治の世界ではマニフェストブームでした。このころ野中広務氏を東京駅のホームで見かけ、鋭い眼光に思わずたじろいでしまいました。

          十勝沖や宮城での地震もあいついで、世の中は不安定。地方の遊戯施設も閉鎖が続きました。ディズニーの一人勝ち状態です。

          星野阪神タイガースが赤星・金本の活躍でセリーグ優勝したのは、明るい話題の一つでした。千と千尋の神隠し、ハリーポッター、ロード・オブ・ザ・リングが流行っています。流行とは、世の中を写しているような気がします。

          我が事と言えば、方向転換の時期でした。独立してなんとかしてきましたが、新しい事業を模索する中で様々なことに取り組んでいます。

          あいかわらず本業分野での発信は行っていますが、上場会社の監査役・システム会社社長・PTA会長などにも取り組んでいます。芽はなかなか思ったほどには開きませんが、いそがしくも充実した日々と言えそうです。ところが好事魔多しの、いろいろ考えさせられる、おとこの厄年でした。

          | HIRO | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
          平成14年(2002年)
          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            新年恒例のニューイヤーコンサートで小澤征爾氏が指揮して、「新年ハオ」と挨拶した。

            1ヵ月たたないうちにCDを販売した機動性にびっくりした。原盤をつくって、CDを焼いてという作業が必要な時代だったから、それでもすごいスピードだった。

            ソルトレイクシティー冬季オリンピックでは、日本勢はいいところなしだった。ショートトラックスピードスケートの男子1000mの決勝で、オーストラリアのスティーブン・ブラッドバリーの棚ぼた金メダルが印象に残っている。

            おなじくスポーツでは、サッカーワールドカップ日韓大会では、ソフトモヒカンのベッカムが大人気だった。トルコ対セネガルの試合を観に行った。勝ち上がる可能性があったのに覇気が感じられなかったトルシエ監督に不満を感じた。

            9月には、小泉首相が朝鮮民主主義人民共和国を訪問。日本人拉致被害者を認めるいうニュースがあった。

            この年には、偽装問題が多発している。また貸しはがしという金融マニュアルだけに従う金融機関の姿勢に疑問視が投げかけられた。企業の生命線である回転資金すら供給をしないという金融とはなんだということだったが、そこまで追い込まれていたともいえよう。

            さて、ゆとり教育で週5日制が導入された。ゆとり世代と言われるが、この世代の若者はどんな花を開かせてくれるのだろうか。

            年の終わりには小柴・田中氏の二人がノーベル賞受賞に沸いた。

            景気は米国でのITバブルがはじけて、世界的に景気の悪化が取りざたされた。

             

            この年にはITビジネスを目指して会社を共同で設立している。専門コンサルからの脱皮と転換を図ろうとしている。結論的には両立はなかなか難しく、経営という難しさをあらためて知ることになる。

            | HIRO | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
            平成13年(2001年)
            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

              平成13年(2001年)は、SFの世界では宇宙船のなかのコンピューターが反乱を起こす年らしいのだが、現実にはそこまでは至っていなかった。近いとすれば、ディズニーシー・ユニバが開場している

              ぶっそうな話では、大阪の付属池田小学校に刃物をもった男が侵入し、児童を殺傷したというたまらない事件があった。安全は一般的なことではないということを感じさせられた。

              経済的にはデフレが進行し、売上げ重視・規模拡大と資産拡大という経済指標から資産圧縮や経営の合理化を進める動きが急であった。失業率が高まるとともに、管理部門の一体化やアウトソーシングが進んでいった。救いとしてはインターネットが普及しつつあり、若手の経営者達がITブームを引き起こしつつあった。

              国の世界では、中央省庁の統合があり、たとえば労働省と厚生省が一緒になって厚生労働省になった。そこに登場したのが、小泉純一郎氏であり、聖域なき改革を掲げ、将来への投資をすすめる意識を喚起していった。

              聖域なき改革でいうと、三井住友銀行が誕生している。三井財閥と住友財閥の中核である銀行合併なのだから、ものすごく衝撃があった。

              この年を象徴するのが、のちに「911」と呼ばれる9月11日に発生した米国同時多発テロであった。経済繁栄の象徴であるNYの国際貿易センター(ツイン)に2機のジャンボジェットが追突した。はじめは誤操作ではないかと思われてもいたが、意図を持った攻撃であるということで、世界中が震撼した。おもえば多様性・涵養という米国人の気質に変化をもたらしたのだろう。

               

              自分事では、この年はいろいろな会合に参加している。従来の業務別のコンサルという世界から、特定業界への専門コンサルを志向し、業界向けのソフト開発をすすめる会社の設立準備をしている。いくつかの成功する起業を見て、自分でもやってみたいという気があふれていた。

              | HIRO | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
              平成12年(2000年)
              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                20世紀とはいつまでなのかということが議論されたことを思い出す。

                物事は1から始まるもの。1901年から20世紀が始まるので、2000年までが20世紀だというのが答えだったのだが、気の早いものは1999年で区切りが付いたと理解して早めに切りを付けたかたも多かった。ともかく20世紀が終了ということで、1999年とともにそわそわした年であった。

                九州沖縄サミットが行われたが、沖縄問題に力を注いでいた小渕首相が病に倒れて、後任には密室のなかで森首相に裁定された。この決め方やその後のリーダーシップ発揮なども含めて、政治的迷走に拍車がかかったように感じる。

                首里城を冠した2000円札が発行されるなどしたが、具体的な成果よりはセレモニー的になってしまったサミットでもあった。20世紀医の後半から21世紀の初頭は、国際的な協調体制というより巨大勢力としての米国中心世界であることの認識が深まったと言えよう。

                米国では大統領選挙が行われたが、ブッシュとゴアの歴史的な僅差の勝利であった。この法律判断は、いかにもの米国司法判断で、数え直しの方法や権利などを巡っての対決となった。法律の解釈ということでは非常に面白く、数字をこえるところでの解釈論に興味を抱いた。

                さてシドニーオリンピック(夏)の年でもあった。柔道の田村亮子・盒蕎飴劼金。女性が活躍する時代の到来を感じさせた。

                ヤフーの株価が1億円を超えた。携帯電話の保有率が高まりiモード含めて、ITについて関心が深かったのがこの年だ。

                大規模小売店舗立地法が改正された。その後の量販店・小売りに大きな影響を与えている。ユニクロが人気となり、年の終わりごろからは、子ども大人含めてフリースという素材にはじめて触れて驚いた。それは安値と品質についてであった。ファッションがファストファッションに移っていく年である。同時に百貨店のそごうが破綻し、多くの店が閉店に追い込まれた。流通の転換点であった。

                いくつかの保険会社が破綻している。バブルの崩壊の影響は、不動産・金融に大きな打撃を与えたが、保険会社も同様であった。支払いが後払いになるため、なんとか数年もったが結局不動産市況・株式市場の悪化が対策を無に帰した。

                バブルの崩壊後の対策としては、資産見直し、人件費の見直しであったが、それらは今までの経営の否定であり、なんともくるしいものであった。

                有珠山・三宅島の噴火・東海地方の集中豪雨などの天変地異が発生している。

                個人的には人事関連の本を数冊出版しているし、大学院でリカレントしている。またインターネット起業のお手伝いをしている。 情報交換会などを主催したり、人と関わりを持ったりアクティブに活動していた年である。

                | HIRO | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
                平成11年(1999年)
                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  2000年になるとパソコンが誤作動して事故が多発するということがいわれ、備えるべしということを言われたのが1999年だった。

                  それまで年号管理を年号の下二桁で管理していたので対応していないことで、原子力発電所が暴発するとか、電気やガス、公共交通機関にも影響の恐れがあるということだった。

                  結局のところ問題はなかったのだが、対応が間に合ったからなのか、どうかはわからなかった。

                  1999年の年末には少し不安を感じていた。

                  というのも世紀末だったのだ。ノストラダムスの大予言という書によると、1999年の7月に地球に破滅が訪れるとおいうことが、1970年代からすり込まれていたのだ。知り合いの一人は、就職しても1999年に地球が終わるのだから、好きなことをするといっていた。

                  馬鹿なと思いつつ、何かが起こるかもしれないという不安と、なにかが起こるかもという期待感もある、冷静ではない心理状態の1999年だった。

                  そんなとしの1月にはヨーロッパ基軸通貨ユーロが誕生した。英国の離脱問題に揺れているが、20年を経過すると一定の成果がある緩やかな統合だったのだと考えられる。               

                  景気浮揚策として地域振興券が配られるなど、なんでもありの時代であった。

                  だんご3兄弟が紅白歌合戦に登場した年だった。

                  | HIRO | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  平成10年(1998年)
                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    スポーツでは特別なことが起こった一年でした。

                    冬季五輪が長野で開催されスキージャンプ団体で原田涙の金メダル。サッカー・ワールドカップ・フランス大会に日本代表が初出場3戦全敗。世界は遠いと感じさせた大会でした。そした夏の甲子園では、横浜高校の松坂大輔投手。

                    暗い経済状況を映すかのような和歌山毒物カレー事件が発生しています。

                    銀行の苦しさは相変わらずで、日本を代表する銀行で会った、日本長期信用銀行・日本債券信用銀行が倒産。都市銀行や5年・10年の利付き債を発行していた会社の相次ぐ破綻は、企業の苦しさそのものでした。多くの会社が資金不足に陥っていました。

                    税収不足などもあり、また景気対策として赤字国債発行で対応せざるを得ず、現在に至る流れが生じています。

                    小渕首相が誕生しブッチホンとあだ名されるほど、経済・科学など様々な分野での民活を図ろうとしていました。

                    阪神大震災後に普及が始まった携帯電話が一般化した時代です。固定電話からパーソナルへの転換期でもあります。

                    使い捨てフィルムカメラが流行し、CDが売れに売れました。

                     

                    経営の観点としては、付加価値を生み出すというより、原価を下げる方向にシフトしていきました。また固定費としての人件費を下げるための策を模索する動きが明らかでした。変動費化ということが必要であり、派遣や短期雇用を要求する流れがありました。50代の社員に退職勧告する流れもありました。

                     

                    各種の商工会議所などでのセミナーなどに取り組んでいました。いくつかのベンチャーや経営団体との関わりを模索していました。またまだビザが必要だった中国にはじめて訪れたのがこの年でした。

                    | HIRO | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    平成9年(1997年)
                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                      香港が英国から中国に返還された。99年の租借期間は、永遠という疑問もあったが、何事もないように返還されたのは意外だった。一国2制度とはいえ、中国の存在感が印象づけられる時代だった。

                       

                      4月には消費税が3%から5%に、増税前の駆け込み需要はあったものの、かえってその後の買い控えが目立ち実体経済の悪化に拍車を掛けることとなった。

                       

                      阪神大震災の爪痕が残る神戸で酒鬼薔薇事件といわれる一連の殺傷事件があり、犯人が少年であったということもあり、オウム事件以来の世の中を震撼させた。

                       

                      年後半には都市銀行の北海道拓殖銀行・準大手と言われた三洋証券が破綻。多くの会社が立ち回りに苦労することとなった。とくに金融機関に影響は大きかった。

                       

                      チェスのチャンピオンがIBMコンピュータに負け、飛躍的にその性能は高まっていった。同時にプレイステーションやゲームボーイがが人気となった。

                       

                      ソフトはワードとエクセルが主流となりつつあり、パソコンの起動がハードディスクになっていた、でも保存はまだフロッピーだった時代である。私は一太郎を主に使っていた。エクセルの表を貼り付けのに、一度アウトプットした紙をのりで貼り付けるなどして加工したことを覚えている。

                       

                      こんな年の4月に独立開業。不安だらけの一人きりの朝礼からスタートした。

                      | HIRO | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

                      Calendar

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Recommend

                      Recommend

                      コンソリューション

                      http://hrstudio.jp/

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode