Page: 1/250   >>
懐かしいもの発見
0
    実家の本箱をごそごそ探し物していたら懐かしの品発見。
    40年前の思い出がいろいろ蘇る。
    | HIRO | 15:26 | comments(0) | - |
    AI人材の育成について
    0

      JUGEMテーマ:ビジネス

       

      人事系の記事で最近目にするキーワードにAIがある。従来の構造を変えるべくデータを重視した経営の必要性からだろうか。

      AI人材採用や、文系人材をAI化するとか、AI人材の早期育成というテキストが踊っている。AI人材ならば、年収は4千万円も可能という会社もある。足で稼いだり従来の経験だけで勝負するのは、武器を持たずに丸裸で戦っているようなものという理解が進んできたのだろう。

       

      すこし気になることは、知識を身につけさせればAI人材になるという考えが垣間見られることだ。知識を身につけたとことで、何でも出来るはずはないのである。

       

      AIを活用するためには従来の仕事のしくみそのものを変える必要がある。いままでの仕事のしかたの一部の問題を都合良くAIが片付けてくれるものではない。我々の常識の中には、コツコツものをつくりあげることを美徳とする考えがすり込まれている。ものをつくり提供するというビジネスにおいても、調査分析して、確実なものを作り、安定的に供給するという構造がある。

       

      ほとんどの業務において無駄があり、効率化を進めることができる。そこにAIが登場するというのであれば改善にしか過ぎない。

      AIとは従来の考え方を壊し再構築するものだ。従来の常識を変えていく可能性がある。ビジネスの構造としての組織を変え、人の動きを変え、ものの流れを変える。従来の経験と知恵が必要とされない中で、なにが出来るのかということを考える必要性がある。

       

      各部門に便利なAI人材がいて、問題解決することを想定している程度では無駄遣いだ。AI人材に権限と責任を与えて、人の配置を換え、ビジネスを変えるところまで想定しておかなければならない。

      | HIRO | 06:30 | comments(0) | - |
      次のベルリンの壁はどこなのか
      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        今年2020年は、東西ドイツの統一1990年から30年である。前年の東ドイツの旅行自由化容認から、一年足らずで東ドイツと西ドイツが統一という名の実質的な東ドイツの編入の事態となった。

        ゴルバチョフが打ち出したペレストロイカという経済改革により組織体制の維持強化を図ろうという動きが、社会主義国家事態を解体しロシアの登場となった。東側という一枚岩に見えた体制が瓦解したという象徴的な動きであった。1961年から構築された高く強固なベルリンの壁は30年で役目を終えた。

        いまの世の中を概観すると、ソ連が東側という経済圏の枠組みの維持をやめた時代背景と似ている。

        ヨーロッパに目を向けるとイギリスのEU離脱問題にみられるように求心力が低下している。そしてアメリカがヨーロッパ・中東・東アジアに及んだ前線を縮小しようとしている。強固な第一線が緩むと、構造が変わることが歴史の世界ではよく見られた。

        身近な東アジアの世界でも、30年前の状況が再現しないわけではない。流れは緩やかであっても、足下はすこしずつえぐられていることに気がつかないだけかもしれない。

        情報の流れがこれほど自由化すると動きははやい。

         

        | HIRO | 05:44 | comments(0) | - |
        阪神大震災から二十五年
        0
          117という記号が持つ意味。
          二十五年という年月。
          風化させてはいけない。
          | HIRO | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
          自分をよく見つめる
          0
            うまくいかないと自分の責任。うまくいくと、たまたま。
            他人から誉められると、だましているかのように感じて居心地が悪い。
            そんな心持ちのことをインポスター症候群というのだと、日経新聞のこころの健康学に認知行動療法研修開発センター大野裕氏が書かれていた。
            まさに、そんなことを感じていたなと感じされられた。
            謙虚さも度を超えると、精神面での問題らしい。
            自分の努力や力を認めることができないといけないらしい。なるほど。
            | HIRO | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
            大相撲初場所
            0
              令和二年初場所。始まります。
              | HIRO | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
              令和二年元旦
              0
                本年も宜しくお願いします。
                | HIRO | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
                やはり
                0
                  今年の一番大きなニュースは「令和」だね。
                  すっかり慣れてしまいました。
                  | HIRO | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  年功序列は過去のもの
                  0
                    2020春闘の争点に、年功序列の見直しがあげられるという。
                    頑張れば賃金が上がる時代ではなくなるということ。
                    働き方改革の真ん中の議論が、とうとう動き出す。
                    | HIRO | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    フライトシェイム
                    0
                      環境問題がテーマとなった2019年だが、飛行機の利用を抑えようという動きがあるという。
                      電車など他の交通機関と比較すると、環境への負荷が重い飛行機の利用を控えた方が良いという。
                      いっそのこと会わずに済む世界を目指すのか。
                      世の中が変わるきっかけとなるか。
                      | HIRO | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      Profile

                      コンソリューション

                      http://hrstudio.jp/

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode